FC2ブログ

11月ライブスケジュール

11月14日(木) 町田 INTO THE BLUE
http://intotheblue.info/
浅利文花ギター 斎藤真己 ベース

11月15日(金) 菊川 なぁ~じゅ
https://nage64.wixsite.com/nage
佐久間和 election +中野渡章子
佐久間和(g)加藤 人(b)竹内 武(ds)小森信明Tp

11月17日(日) 銀座 玲
https://loco.yahoo.co.jp/place/g-NFP09cI2KS-/?utm_source=dd_spot&sc_e=sydd_spt_s_n_p_ttl&lsbe=1
14:00- 16:00 佐久間和(g)加藤 人(b)

11月19日(火) 芝浦

11月24日(日) 野毛サムズバー

http://www8.plala.or.jp/samsbar/
ぶしつけ本番
歌...Ikuko三橋/中野渡章子/島田のぶひろ...ピアノ若林稔 / ベース田中洋平 / パーカッション松井イチロー / ハーモニカ清野美土

11月28日(木) 白楽ブルースエット
https://blues-ette.com/
テキーラ5
pf.永井隆雄 eb.牧元秀之 g.佐久間和 ds.竹内武 
スポンサーサイト



ああ 沖縄

急に冷たい風が吹くと 途端にのどが痛む

なんとなく体調も悪い・・


そんな時、いいタイミングで沖縄に行ってきた。


まだ入道雲がもくもくと青空に漂っている

まだ夏がそこにあった


かっこいいジャズクラブに行き、ギターデュオを聞いた。
@PARKER'S MOOD

その後 夜中にステーキを食べに行った。


食べ過ぎて胃もたれを起こした以外は 体調もいい。

IMG-0807.jpg

Stay PUNK!!!

晴れた日の午後 原宿にあるギャラリーカフェに写真家ハービー山口さんのトークショーに行ってきた。

ハービー山口さんのプロフィールは最後に載せておきます。

ハービーさんを知ったのはイギリスのパンクバンドclash好きのあるお方のおかげである。

中目黒においしいシンガポール料理屋があり、その目の前にトラベラーズファクトリーという小さな雑貨屋がある

夕方ペーパーチキンを食べたくてシンガポール料理屋に行ったら開店15分前だったので、目の前にあるその雑貨屋に入った。


そこの階段の下にある一枚の額の入った写真をみて、連れが反応した。
この写真は売ってないのですか?と。

これは売り物ではないのです。以前トークショーをやったときのもので、とスタッフは応えた。


その時その写真を撮った人がハービー山口さんだということを知った。


色々調べた。
彼を探してFBで友達申請をしたら 丁寧にお返事をいただいき、トークショーや写真展などよくやっていますので遊びに来てくださいと言ってくださった。


それから数ヶ月後の昨日 ふとみたツイッターで行けそうなトークショーを見つけて行ってきたのだ。


様々な体験に基づくお話は素晴らしく、時に感極まり涙が出た。
暖かい人だ。
そして経験に基づいたストーリーは説得力がある。

自分が知り得た素晴らしい経験を人に伝える
ペイフォワードの精神がそこにあった。

そして69歳になっても消えることのない情熱。


彼のロンドン時代、クラッシュというバンドのボーカルジョーストラマーと電車で遭遇し、プライベートだからと迷ったけど、一枚写真を撮らせてもらえますか?と尋ねたら

カメラマンだろ?撮りたい時に撮りたいものを撮れ、それがパンクだ。と

その言葉が今でも自分を支えていると。

人生は地位や名誉、お金だけじゃなく、いくつになってもやりたいことにどれだけ情熱を傾けられか。


彼はサインに必ずこの言葉を添える。

Stay Punk!!


You make my day.



ハービー山口

1950年、東京都出身。中学2年生で写真部に入る。大学卒業後の1973年にロンドンに渡り10年間を過ごす。
一時期、劇団に所属し役者をする一方、折からのパンクロックやニューウエーブのムーブメントに遭遇し、デビュー前のボーイ・ジョージとルームシェアをするなど、ロンドンの最もエキサイティングだった時代を体験する。そうした中で撮影された、生きたロンドンの写真が高く評価された。
帰国後も福山雅治など、国内アーティストとのコラボレーションをしながら、常に市井の人々にカメラを向け続けている。
多くの作品をモノクロームの、スナップ・ポートレイトというスタイルで残している。 その優しく清楚な作風を好むファンは多く、「人間の希望を撮りたい」「人が人を好きになる様な写真を撮りたい」というテーマは、中学時代から現在に至るまでぶれることなく現在も進行中である。
写真発表の傍ら、エッセイ執筆、ラジオ、テレビのパーソナリティーなど。 
審査員歴:CAPA 、デジタルカメラマガジン、 APAアワード、JPS、ニコン、キヤノン、フジフイルムなど。
選考委員歴:上野彦馬賞。
受賞歴:2011年度日本写真協会賞作家賞。
現在大阪芸術大学客員教授および九州産業大学客員教授。

http://www.herbie-yamaguchi.com/

https://www.aaa-shop.jp/column_herbie/

中州ジャズフェスティバル

ある方のご厚意により福岡でライブをさせていただいてから もうすぐ1年がたつ。

去年から気になっていた中州ジャズにこないだ初めて行ってきた。

ジャズフェスティバルというのは全国でやっていて、その地方の特色があっておもしろい。

横浜にもジャズプロムナードというのが毎年10月に行われている。
指定日に限り、ホール会場を自由に回ることが可能なフリーパスチケットを購入する。
以前はジャズクラブもそのチケットで入れたけど、今年からジャズクラブはチケットととは別にミュージックチャージを払うという。
うーん・・・


盛り上がっていると思うがもう数年行っていない。苦笑


中州ジャズはすべて無料であった。


そして規模が大きかった!!!動員数10万人!!!

横浜のような路上ストリートはほとんどなく、メジャーなミュージシャンがいくつかのブースに別れて演奏する。
ものすごい人手で非常に盛り上がっている。

でも一番大きなステージのメインが松下奈緒ってのがなかなかね・・・w
ま、いろいろありますな




個人的には横浜のよりずっと好きだ。

まず無料ってのがいい。
老若男女誰でも楽しめるし、実際若いお客さんがおおい。

繁華街の多くの店がスポンサーになり、ボランティアスタッフもたくさん!!町全体で盛り上げている。
グッズもいろいろあり、売り上げが継続するための運営費に充てられるという。

すべてのステージは21時には終了し、その後近くのお店も潤う。


どこのステージもプロがすばらしい演奏で楽しませてくれる。はずれがないw

ジャズファンだけでなく、通りすがりの人までみんな魅了しちゃうステージばかり。


本当にいろいろ勉強になった。
成功の陰にはたくさんのスタッフの努力があってこそ。

光が強ければ影も濃い。



実に楽しい福岡の旅だった。

ありがとう!!

おかげでスイッチはいりました。

10月ライブスケジュール

10月ライブスケジュール

10月3日(木) 菊川なぁ~じゅ
https://nage64.wixsite.com/nage
佐久間和 election +中野渡章子
佐久間和(g)加藤 人(b)竹内 武(ds)

10月4日(金)大和 ASOB
http://musiclivehouse.com/index.php?controller=WebIndex&action=IndexShow
key.西原悟


10月10日(木) 関内 AB smile
https://absmile.jimdo.com/
NF4
sax:日野林晋 pf:小畑智史 bs:石井 圭 ds:黒田慎一郎

10月11日(金) 横浜浅間町 La Bichette
https://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00312901/
guitar 植木啓示 guitar横山貢介 Bass テリー後藤


10月17日(木)関内 BARBARBAR
https://www.barbarbar.jp/
vo:中野渡章子 with NF4
sax:日野林晋 pf:小畑智史 bs:石井 圭 ds:黒田慎一郎

10月26日(土) 阿佐ヶ谷ジャズフェスティバル
http://www.asagayajazzst.com/
with サニーサウンズ bigband


PageTopNext>>

プロフィール

中野渡 章子

Author:中野渡 章子
国立音楽大学在学中よりジャズボーカルを村上京子氏に師事。
2000年よりジャズシンガーとしての活動を都内、横浜を中心にスタートする。
2006年ソロアルバム「This Time」発売、2014年インディーズレーベルよりコラボ・シングルを数枚連続リリース。2015年ソロシングル「JAZZ LIVIN'」発売。 2018年ミニアルバム「All that Jazz」発売。初のハイレゾ配信、山野楽器オンライン、ディスクユニオン、amazon他 好評発売中。現在はフリーとして演奏活動だけでなく、県立高校の音楽非常勤講師、や音楽療法など様々な方面で活躍中。

NEW HP
https://nakanowatari.jimdofree.com/


以前のブログ
http://allure.blog6.fc2.com/

facebook: AKIKO NAKANOWATARI

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR