秋の長雨

最近雨ばかりふっている。
一雨ごとに秋が深まるっていうけど、今年は急に秋になった感じ。

最近、練習しているジャズのスタンダードナンバーが数曲あるのだけど、どれもしびれるようないい曲で、
また歌詞が今の私にぴったりすぎて泣けてくる。

ジャズの歌詞が染みる年頃になったなぁとしみじみ感じる今日この頃。(もうとっくにいい年頃だけど)

日本語の覚えている曲もあるんだけど、これもまたシンプルな歌詞が染みる。

なんでもシンプルがいいとは思わないけど、今覚えている曲は短い歌詞に多くの思いを込めることに成功している。
その言葉の背景を想像することが出来るから。

想像ってすごく大切なこと。
言葉の背景もそうだし、今世界で問題になっていることすべてに当てはまる。
そうなってしまった背景や語られない人の気持ちを想像できるか。
そして今のことだけでなく、今後のことを想像できるか。


最近色々なことがありすぎて、心がスポンジのようです。
言葉一つにじーんと来る。

乾きも潤いも両方大事。


雨が多いけど、少し日差しが差し込んできました。
スポンサーサイト

PageTop

プロフィール

中野渡 章子

Author:中野渡 章子
国立音楽大学在学中よりジャズボーカルを村上京子氏に師事。
2000年よりジャズシンガーとしての活動を都内、横浜を中心にスタートする。
2006年ソロアルバム「This Time」発売、2014年インディーズレーベルよりコラボ・シングルを数枚連続リリース。2015年ソロシングル「JAZZ LIVIN'」発売。現在はフリーとして演奏活動だけでなく、県立高校の音楽非常勤講師、や音楽療法など様々な方面で活躍中。

以前のブログ
http://allure.blog6.fc2.com/

facebook: AKIKO NAKANOWATARI

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR