アンパンマン
2013/06/12(Wed)
FBより
アンパンマンの生みの親
92歳にしてまだ現役!やなせたかしさん
の文章です。

激しく同感。
そしてアンパンマンの認識を新たにしましたわ。





アンパンマンを生んだ、過酷な戦争体験


行軍したり、
泥だらけになってはい回ったりするのは、
一晩寝ればなんとかなる。
ところが、飢えはどうしても我慢できない


食べられないというのは、
ものすごくきついですよ。


飢えれば人肉だって食べようという
気持ちになるんだから


仕方がないんで、
その辺の野草を煮て食べたりしたんです。
まずいのもあるんだけど、大体は酸っぱいんです


内地に残っていた銃後の
国民のほうがよほどつらい目を見ている。
たとえ、戦火に逢わなかったとしても
飢えに苦しんでいる


正義のための戦いなんてどこにもないのだ。
正義は或る日突然逆転する。正義は信じがたい


逆転しない正義とは献身と愛だ。
それも決して大げさなことではなく、
眼の前で餓死しそうな人がいるとすれば、
その人に一片のパンを与えること


自分はまったく傷つかないままで、
正義を行うことは非常に難しい


正しいことをする場合、
必ず報いられるかというと、
そんなことはなくて、
逆に傷ついてしまうこともあるんです


ぼくらも非常に弱い。
強い人間じゃない。
でも、なにかのときには、
やっぱりやってしまう。
ヒーローというのは、そういうものだと思います


困っている人、飢えている人に
食べ物を差し出す行為は、
立場が変わっても国が違っても
「正しいこと」には変わりません。
絶対的な正義なのです


なんのために生まれて
何をして生きるのか
これはアンパンマンのテーマソングであり、
ぼくの人生のテーマソングである





生きていることが大切なんです。
今日まで生きてこられたなら、
少しくらいつらくても明日もまた生きられる。
そうやっているうちに次が開けてくるのです。
震災も永遠に続くことはありません


アンパンマンは“世界最弱”のヒーロー。
ちょっと汚れたり、雨にぬれただけでも、
ジャムおじさんに助けを求める。
でも、いざというときには、
自分の顔をちぎって食べてもらう。
そして戦います。


それは私たちも同じ。
みんな弱いけれど、
そうせずにはいられないときもあるのです


アンパンマンのテーマソングは

「なんのために生まれて、
 なんのために生きるのか」というのですが、

実はぼくはずいぶん長い間、
自分がなんのために
生まれたのかよくわからなくて、
闇夜の迷路をさまよっていました

もっと若い時に世に出たかった。
ただし遅く出てきた人というのは、
いきなりはダメにならない。

こんなことしてて
いいのかと思っていたことが、
今みんな役に立ってる。
無駄なことは一つもないですね


ぼくら夫婦には子供がなかった。
妻は病床にアンパンマンのタオルを積みあげて、
看護婦さんや見舞い客に配っていた。

アンパンマンがぼくらの子供だ

人生の楽しみの中で最高のものは、
やはり人を喜ばせることでしょう

=====

「さあ、ボクの顔を食べて…」

お腹がすいた人に顔を差し出すアンパンマン。
それにはここまで深い意味があったんですね。

「なんのために生まれて、
 なんのために生きるのか」

これは一生のテーマかもしれません。
すぐ答えを出すのはカンタンではありません。

でも、美味しいものを作って一緒に食べることなら
今日からでもはじめられる。

子供、家族、友人、恋人。

ただ食べていくのではなく

「誰と食べるのか」

一生のうち、食事の回数は限られています。

だから、ただお腹を満たすだけではなく
大切な仲間、家族と食べたい。
楽しい時間を過ごしたい。

私は、かつて若い頃

「人を喜ばせたいなんて、偽善。」

と思っていました。

でも、親も年老い、妹が病に倒れ
私自身にも大切な人ができ

はじめて気付いたのです。

一緒にいられる残りの時間を
大切に、過ごしたい。

と。

だから、考えていきたい。
どうすれば、人を喜ばせられるのか。

喜んでもらえる生き方ができるのか。

アンパンマンに込められた思い
もっとたくさんの人に知ってほしいです。

anpanman_convert_20130612141220.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<死から学ぶこと | メイン | 愛について>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://allure2125.blog.fc2.com/tb.php/118-78f4acdf

| メイン |