恋の罪
2011/11/27(Sun)
ちょっと前から気になってた映画があった。

でもどこでもやっているわけでなかったので、忘れて(時間が合うのがそれしかなかったレディースデー)「三銃士」なんか(好きな方すみません)観ちゃったりしていたのだが、ある人の観た感想を読んで思い出した。


最近、単行本を買うときに映画やドラマの原作を手にとってしまう。
映像と原作2回色々な意味で楽しめるから。(暇なんだね、あたしw)

原作を先に読むと、配役も声も勝手に脳の中で一人歩きを始める。

原作を読んで、映像を見て、もう一度読み返すと映像に出てきた人たちの世界に変わってる。


文章を映像にする作業って興味深いなー。



今回は単行本を先に買った。原案園子温、小説村上桃子の「恋の罪」。

仕事の合間や行き帰りの電車の中で一気に読み、小説を買ったその日のレイトショーを観に行った。
http://www.koi-tumi.com/index.html


誰もが持つ心の闇はどんな形で姿を現すかわからない。
なんだかすごく解ると思った。

女として墜ちるっていうのは深さがかなりあって、
でもやっぱりそれには「きり」があるんだな、と。


好きだなーこういう作品。
映像が私の好きな韓国のキクギドク監督に新しい感じが似ている。



田村隆一の詩集買ってみようかな。
なんか気になる。(ミーハー)







スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<How Sweet! | メイン | 追記>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://allure2125.blog.fc2.com/tb.php/32-d088fcfe

| メイン |