fc2ブログ
ぐっちのこと
2024 / 02 / 23 ( Fri )
ヴァイオリニストぐっちは私の自慢の共演者であり友達でした。

素晴らしいバイオリンは一瞬でその曲の色を変えてくれ、驚くほど行動力があって、楽しいことにはには常に全力で挑み、自分よりも他人の事に気を遣い、その場にいる誰もが一瞬で彼女のファンになったものです。

横浜のルタンペルデュではピアノの小林創さんとグッチと3人でトリプルセックというバンド名をつけて5年以上から?出演したし、横浜、葉山、銀座、鎌倉、藤沢、いろいろなところで一緒に演奏したなぁ。
最後の競演は神戸でした。
横浜で飲み会をするために、神戸から日帰りできたことも何度かありました。
神戸の酒蔵見学行ったり、野毛の大岡川で桜の時期に2人乗りボートを3人で乗って転覆しそうになったりしたこともあったね。
鳴門まで旅行にも行ったなー



そしてそんな彼女は7年間の闘病の末、2月19日の朝早くに旅立ちました。



7年前にがんを患っていたのは知っていたのですが、直前までそこまで悪くなっていたとは知りませんでした。
身内にも友達にも黙って抗がん剤治療をしていたそうです。


3か月前に長期間NYに行っていて、彼女が憧れていたレジーナカーターとまさかの競演をし、
楽しんでいる様子を動画で見て、さすがぐっち行動力あるなーと感心していたのです。

でもそれが彼女のバケットリストであったとは。


亡くなる3日前、日帰りで神戸のご自宅に行って会うことができました。
その時はソファに寝ころびながらも、自宅に集まったみんなを手厚くもてなし、長年連れ添って夫となったガリバー
も明るく冗談など言いながらみんなで一緒に宴会したのです。

近くの料理屋さんから豪華なお刺身盛り合わせ、カニ、しゃぶしゃぶ。シャンパンをあけ、日本酒、ワインもありました。
彼女自身はほとんど食べられないと言っていましたが、
ぐっちのファンでもある私の父の作った無農薬の人参で作っていったスープを食べてくれました。

毎晩友人たちが集まり、宴会やってるそうです。
そしてそれは亡くなった後も。


彼女はそういう人なのですね
本当にやさしくて強い人。

「私自身はいつでもいつでもやりたいことをやりたい放題やらせていただいてものすごくすがすがしく毎日を過ごしております。
毎晩毎晩たくさんの人が宴会しに来てくれて、寂しいとか思う暇はありません。
先日なんて家に寿司屋きてくれました!!
こんな奴おらんーーー!!!」


最後の最後まで彼女らしさを貫き通し、今は悲しみを超えて尊敬しかありません。
ぐっちの言葉を借りるなら、
「こんな奴おらんー!!」です。


ありがとう、ぐっち


「ありがとうのうた」 Composition, performance by gutch
https://youtu.be/Nw95IZj5xVA?si=ybBPjqSTyF6ZbYip
スポンサーサイト



11 : 59 : 35 | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0) | page top↑
<<3月ライブスケジュール | ホーム | 祝 2024>>
コメント:
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
http://allure2125.blog.fc2.com/tb.php/560-efda967a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |