海か山か
2017/06/14(Wed)
山と海どちらが好きか?と聞かれたら、ちょっと悩んで山とこたえる。

海も好きだけど、泳げないし、夏は日に焼けるし、マリンスポーツできないし、海で好きなのは眺めながら酒を飲むことと釣りくらい。
船に乗るのは好き。

それに比べて山はいつの季節でもそれなりに楽しめる。
山登りはしないけど、ちょっとしたトレッキング(本当にちょっとしたもの)や、真夏でも涼しく空気がいい。
そのせいか食べ物も美味しく感じるし、静かで夜は星が綺麗なイメージ。

そうだ、私にとって海はなんだか騒がしいイメージがある。
もちろん冬とか早朝とか真夜中の静かな海は魅力的だが、人が多くて暑くてぎらぎらしたうるさい海が苦手なのだ。


でも神奈川県ってすごくいい県だと思う。
相模湾に面していて、山は丹沢、箱根、温泉もあるし、横浜や川崎のCITYもある。


今週末は丹沢でライブです。
「ぶしつけ本番」というオリジナルバンドのほたる鑑賞ライブ。
タイミングが合えば目の前の川でホタルが見られます。

場所は寄(やどりぎ)というところにある「MGG ESPACE 」 2階ベランダ
http://yadoriki.info/espace/
アクセス
電車:新宿から
新宿から小田急線急行[小田原行]に乗り新松田駅北口下車(約1時間20分)。
〒258-0001 神奈川県足柄上郡松田町寄(ヤドリギ) 5855
http://g.co/maps/cc58s
駐車場あり

出演:イクオ三橋、中野渡章子、島田のぶひろ(歌)、斉藤華子(キーボード)、松井イチロー(パーカッション)

■18時くらいから ■投げ縁。
■持ち込み自由

音楽はともかくw、都心を離れ、いい空気を吸ってリフレッシュできると思います。


■お問い合わせ
tel: 090-2485-7781 (いはらつトム) / 090-2466-5293 (三橋) 
mail:info@mugongeki.com/tpo.tom@docomo.ne.jp (いはらつトム)
fax: 045-231-5936
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
R.I.P
2017/06/10(Sat)
池田さん

あたし初めて鮎釣ったよ

また一緒に多賀の砂浜からキス釣りしたかった。




securedownload.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
病い経験
2017/06/08(Thu)
病いがある人もそうでない人も「死」を意識するものだが、「病い」の経験によって日常生活が困難になり、疾患の悪化や死を意識しなければいけないことは非常にストレスとなる。


病が慢性となってる人はたくさんの喪失感を味わう。

健康問題が原因で離別や別居など愛情、異存の対象となる家族を失ったり、
入院や長期的な療養により慣れ親しんだ生活環境を失ったり、地位や役職、身体的な健康状態、誇りや自信なども失う。

このようなネガティブな認知は調査研究が数多くなされている。

そしてこのようなストレスはどのように軽減できるのだろうか、とう研究もなされてきた。

ストレス対処能力とよばれ、同じストレスを受けてもうまく対処できる場合とうまく対処出来ない場合があり、その違いはどこからうまれてくるかという観点である。

このストレス対処能力を向上させることにより、病から受けるストレスを最小限にさせることが期待され、数多くの研究がなされ、実践にもつながっているという。

これはストレスのネガティブは部分にのみ着目するのではなく、むしろストレスのポジティブな部分に着目することである。


ストレスを経験すると世の中の見方が変わってくる、という経験をした人は少なくないだろう。


私の経験ですぐ思いついたのが、起きあがれないほどの辛い二日酔い。
辛すぎる時期が過ぎ、治ったらどこも痛くなく、吐き気のない平常な状態ってパラダイスだと心の底から思う。
楽園に住んだら楽園を感じないのと同じく、いつも健康だとその有り難みを忘れがちである。

どこも痛くない事の幸せを再確認したり、ほおっておいてくれた事、駅でトイレがあいていたこと、
様々な今まで何とも思っていなかったことに感謝するようになる。
そして目の前で苦しんでいる二日酔いの人に対しても寛容になれる。

もう一つ、昔、とても親しい人のお母様が亡くなった時、悲しみのどん底にいるその人にかける言葉がなかった。
もし自分も同じ経験をしていたら、経験した人だけが知ってる励ましの言葉を言えたかも知れないとそのとき強く思ったのを覚えている。

最後に、私は昨年のはじめ心療内科に通っていた。
メンタルをやられていたときは異常に人の言葉に敏感になっていたと思う。
友人のなにげない言葉に勝手に傷つき、自分の望む言葉を言ってくれる人を求めた。


自分が経験したから初めて分かる人の痛みがある。

こういったことはストレス関連成長なのだ。


経験してみて初めて分かる人の痛みやありがたみを知ることはポジティブな側面であり、死を意識させられる病や様々な苦しみを抱えている人に対して、苦痛や困難を認めると同時に、自分ではその境地に立てない人にそういったポジティブな変化があるということを気づかせてあげるような環境作りも必要であろう。

自戒も含め、意識して生きていきたい。




ー死生学入門  井上洋士先生 の講義から。


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
心の構造ー 意識と無意識
2017/06/06(Tue)
友達に「井筒香奈江」というヴォーカリストがいる。
彼女は「時のまにまに」というタイトルで日本語のカバーを歌うシリーズのアルバムをいくつか出していて
オーディオ業界では「ハイレゾの女王」と呼ばれる人物である。

去年、彼女のライブに行ったときに印象的だった曲があった。

斎藤和義の「無意識と意識の間で」という曲。


今日心理カウンセリングを勉強する中で、心の構造の中にあり、精神分析の創始者フロイトやユングが
深い関心を示した「意識と無意識」という単元があった。

無意識というのはコンプレックスと言い換えることができる。
コンプレックスという概念はユングの「感情に色づけられた概念複合体」という難しい説明がなされるが、
心の中の複雑で錯綜とした渦のような存在には感情が強力に伴っているということ。

そしてコンプレックスとは劣等感のことと誤解されることが多いが、劣等感も劣等感コンプレックスという一つのコンプレックスである。

心の中に「劣等感」というモチーフをめぐって複雑に錯綜した思いや経験が強い感情を伴って渦めいている状態が
「劣等感コンプレックス」であり、この渦を刺激するような言葉や事柄に出会うと、周囲が驚くような反応をしてしまうという。

教科書の中でも単純な例として、周囲の人が何気なく言った「小さい」という言葉を聞いた途端に、急に眉間にしわを寄せて怒り出すということもそのような一つの表れであろう。



コンプレックスというのは、例えばマザーコンプレックスとか、学力コンプレックス、身体的コンプレックスなど色々あるが、
今回興味深かったのは「メサイヤコンプレックス」というもの。

人の役に立ちたいとか、誰かを励ましてあげたいとか、困っている人を癒してあげたいというような気持ちになることは
誰にでもあると思うし、それ自体悪いことではないのだが、その裏に「自分の方が優位に立つ」「自分の方が力がある」という無意識(コンプレックス)があることを示したもの。
 
特に警察とか政治家とか あと援助職というのにも当てはまる。
上記に書いたような気持ち、無意識(コンプレックス)は「自律的」であるので、「権力」をもつと、無意識にコントロールの及ばない形で身体が動いてしまい、弱者と思われる対象者に時に威圧的に振る舞いかねないということである。

私たちの日常では無意識が9割ほどとも言われてる。
無意識の行動が自分を作っていると言っても過言ではないので、少しでも意識的にしていきたい。




先日のライブで初めて「無意識と意識の間で」を歌ってみた。
すごくいい曲(私が歌って伝わるかどうかは別として)なので、たまにこの認識を思い出すためにも歌おうかなと思います。

斎藤和義の書いたこの詞はそういう内容ではないけど、なかなか切ない(私が忘れた感覚w)詩であります。







この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
7月ライブスケジュール
2017/06/05(Mon)
7月ライブスケジュール(追加あり)

7月2日(日)町田まほろ座
http://www.mahoroza.jp
【出演】NF4
日野林晋(Sax)
小畑智史(Key)
石井圭(Ba)
西村悟志(Dr)
ゲスト
中野渡章子(Vo)

【開場/開演】12:30 / 13:30
【前売/当日】¥2,500 / ¥3,000(2オーダー以上別)
【座席形態】全席自由/先着順入場
【電話予約】
・まほろ座(〜7/1 19:30)   042-732-3139(まほろ座16:00~19:30)
※ご予約確定後のキャンセルはご遠慮ください。
【お問合せ】
・ticket@mahoroza.jp ・042-732-3139(まほろ座16:00~19:30)

7月15日(土)大和ASOB (追加)
http://www.musiclivehouse.com/index.php?controller=WebIndex&action=IndexShow

中野渡章子(vo.)
片桐幸男(guitar) +1
¥2200
20:00-

7月20日(木)菊川なぁ~じゅ
http://www.d1.dion.ne.jp/~nage/ 
中野渡章子&佐久間和election
中野渡章子(vo.) 佐久間和(g.) 加藤人(b.) 竹内武(drs.) 小森信明(tp.)
¥2500 19:45ー

7月27日(木)品川トライベッカ
http://www.tribeca.cc/
片桐幸男(Guitar) 松本峰明(pf) 池田聡(b.) 八木秀樹(ds) ゲスト中野渡章子(vo.)


18361064_1438294542916837_342016141_n.jpg

phonto.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>